<< サラリーマン川柳 | main | 8年目に突入〜(((o(*゚▽゚*)o))) >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.03.19 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    今日は朗読会です*\(^o^)/*

    0


      今日は芥川龍之介
      『羅生門』
      相次ぐ自然災害、飢饉、そして不況に襲われた平安末期の京都の町はずれ。
      狐狸や盗人が我が物顔で徘徊している。
      仕事を失った下人は、盗人になって生き延びるか、飢え死にするか、究極の選択を迫られていた。
      死骸の頭から髪の毛を抜き取っている老婆の「生きる為にする行為は悪ではない」と言う言葉に下人の心は一気に変更する。

      思い出しました。
      確か、小学校5年生か6年生くらいだったと思います。
      この『羅生門』を題材にそれぞれの意見を言い合う、確か道徳の時間だったかと。
      どっちから物事を見るのか?
      それがとても大切なことだと、そんなことをぼんやり知った。そんな子ども時代を思い出しました。

      今も、まるで平安末期のような不安定な時代。
      何が正しく、何が間違いなのか、自分の心で一生懸命考えなければ‥‥。

      久しぶりに、そんな事を考えさせられる作品でした。

      皆様の正義は?(^_−)−☆


      来月は4月18日 土曜日
      『桜の樹の下には』
      梶井 基次郎 他

      皆様〜!お楽しみに〜(((o(*゚▽゚*)o)))







      スポンサーサイト

      0
        • 2016.03.19 Saturday
        • -
        • 17:50
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        羅生門 学生時代読んでる途中で・・・
        探して 読み直そうかなぁ
        • mikayo
        • 2015/03/23 8:53 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM